愛犬の乗り物酔い対策

愛犬の乗り物酔い対策

愛犬も人間と同じように車酔いします。

 

乗り物に乗ることによって、耳の奥にある平衡感覚やバランスを管理する器官である前庭や三半規管が刺激を受けて気持ち悪くなったりするのです。

 

犬が乗り物に酔ったときの症状としては、

 

嘔吐する
大きな口を開けてあくびをする
くんくん鳴く
よだれを垂らす
震える

 

などがあげられます。

 

愛犬を頻繁に車に乗せる予定でしたら、愛犬が車酔いしないように考えてあげることが必要になってきます。

 

まず、犬が車酔いするということは、普段と違う環境でストレスを感じながらどこに連れて行かれるのか不安だったり、騒音、揺れ、ガソリンの匂い、タバコの匂い、芳香剤の匂いなどが原因となることが多いです。

 

特に車内の匂いは、人間とは桁違いの嗅覚をもつ犬にとっては非常に不快であるはずです。

 

ですから、普段から飼い主さんが車の中で遊んであげてみたり、一緒に昼寝してみたりして車に乗ることがストレスでなくすることと、車内の匂いに関しては天然成分を使った消臭剤などを使い、犬にとって嫌な匂いをできるだけ少なくすることも有効です。

 

そして一番肝心なのが、車に乗ることに慣れることです。

 

上記の対策は車にできるだけストレスなく乗ることが目的ですが、最初のうちはどうしても酔ってしまうものです。

 

車に乗ることが気持ち悪くなることだと犬が覚えてしまいますと、車に乗るたびに暗示のようなものにかかってしまい、条件反射的に乗り物酔いを起こしてしまうようになります。

 

ですから、車に酔いやすい犬には、事前に獣医師から酔い止めを処方してもらい飲ませておくことが必要となります。

 

獣医師に処方してもらえる「セレニア」という乗り物酔い止めの薬がありますが、ネットでご自分で購入することも可能です。