犬の心不全

犬の心不全

犬の心不全は心臓やその関係する器官の異常が原因となって、心臓が血液を送り出す作用に問題が起きる症状です。

 

症状が特に悪くなったり、もともと先天的な異常がある場合などは長生きができないなどの問題がでてきます。

 

心不全の症状は、現在罹っている病気や様態によって様々です。

 

最初に気づくのは、呼吸困難や咳などの症状で、呼吸困難の場合には運動時に起きるものや安静にしていても起きる重度なものまであります。

 

舌や口の中が紫色になるチアノーゼが現れることもあります。

 

呼吸困難が進行しますと、前足を突っ張るような姿勢をしがちになり、口からゼーゼーと苦しそうに呼吸をするようになります。

 

激しい呼吸困難になりますと、意識が薄れたり倒れたりすることもあります。

 

咳も運動時だけでなく、徐々に安静時にも激しくでるようになり、1日中苦しむようにもなります。

 

お腹に腹水がたまったりすることもあり、食欲不振や吐き気が起きることもあります。

 

心不全はある特定の病気のことをさすのではなく、心臓が体全体に血液を送り出すという働きに異常が起き、その結果、様々な体の異常が起きるという状態をいいます。

 

心不全は、現在罹っている心臓病によって症状や原因も異なり、心臓の弁に問題があるものや心臓周辺の血管に問題のあるもの、フィラリア症、心筋に問題のあるものなど、様々な症状があります。