愛犬の結膜炎

愛犬の結膜炎

私が犬を飼っていた子供の頃にも、愛犬の目に目やにが多かったり、目の中に薄い膜のようなものがはっていたりしたのを見たことがあります。

 

昔の犬はいつの間にか自然に治ってたりしていましたが、いろいろな有害物質に囲まれた現在では、そのような状態を放っておくことは、おすすめできません。

 

獣医師のところで受診して、よく処方される薬は「オプティミューン」という眼軟膏です。

 

この薬の使い方を間違う人が意外と多く、目の周りに塗布してたりします。

 

眼軟膏は、直接目の中に入れる薬ですので、目の周りの皮膚に塗布しても意味がありません。

 

眼軟膏は、目の中に入れると、体温で溶けていきます。

 

しかし、この「オプティミューン」を獣医師から処方してもらいますと、非常に高価です。

 

「ヴィジョケア」は、オプティミューン眼軟膏と同成分のジェネリック薬です。

 

獣医師には診断だけしてもらい、薬は「ヴィジョケアをもってますので今回は薬は要りません」と言えばいいのです。

 

賢明な飼い主さんには、こういうやり方もあります。