愛犬の薬を安く買う

フィラリア予防の薬はジェネリックが安い

私は子供の頃に、かわいがっていた犬を亡くしました。

 

今思うと、フィラリアが原因だったと思います。

 

いつも咳こんでいて、少し吐血したり、下腹が膨らんでいたり・・

 

当時は、犬を獣医師のところで受診させるなどという発想がなかったといいますか、それ以上に動物病院は非常に高価で、庶民であった我が家には、そのような余裕はありませんでした。

 

今だったら、こんなに良い薬が安く入手できるのに、、と残念です。

 

子供で無力だったとはいえ、飼い犬に対して、今でも申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

私のような思いを今の子供たちにさせたくないと思い、この記事を書いております。

 

そのために、私がおすすめしたいのは、犬のフィラリア予防薬で有名な薬で、ほとんどの獣医師が処方している薬の「カルドメック」のジェネリックでハートガードプラスという薬です。

 

このハートガードプラスは、本家のフィラリア予防薬と同じ成分です。

 

ただし、本家の薬と同じで、この薬を使用するためには、愛犬がフィラリアに罹っていないかを検査する必要はあります。

 

既にフィラリアに罹っている犬にこのハートガードプラスを与えると、場合によってはショックを起こしてしまう可能性があるそうですので、検査だけはきちんと獣医師のところで行なってください。

 

検査は簡易キットで行うようで、10分ぐらいで終了するそうです。

 

そして、フィラリアが陰性であれば、獣医師の処方する高価な薬でなく、このハートガードプラスを与えてください。

 

お医者さまには、「予防薬は持ってますから大丈夫です!」と言います。

 

チュアブルタイプが与えやすいです。

 

やわらかいジャーキーのようなものですので、愛犬が喜んで食べてくれますし、錠剤を与えるときのような苦労もありません。